株式会社村上不動産

買いたい

東京都江戸川区松島2-21-13
【営業時間】10:00~17:00 【定休日】火・水曜日

不動産購入ガイド

人生における大きな買い物だからこそ、慎重に調べて自分たちに合った最高のマイホームを購入しましょう!

まずは不動産を購入するまでの流れを押さえておきましょう!

ここだけは押さえておこう!

不動産購入のチェックポイント!

Check1資金計画」は計画的に!

多くの人は住宅ローンを組んで購入を進めています。住宅ローンのお借入額は、お客様の世帯年収や勤続年数、各金融機関などによって異なります。まずはご自身がいくらまでの範囲内で住宅ローンを組めそうか、そして自己資金の有無を含めて総予算を把握することが大切です。総予算がわかった上で次に大切なことは、無理のない月々の返済額の把握です。自分たちの家庭で毎月いくらまでの返済額なら無理なく暮らしていけるのか、そこが一番重要となってきます。特にマンションの購入を検討されている方は、管理費や修繕積立金なども毎月掛かるので、それらの費用も考慮した上で検討することが大切です。不動産の購入は高価な買い物となります。また不動産を購入する際には様々な諸経費がかかります。その他にも引越代や家電や家具代、場合によってはリフォーム代なども必要になってきます。資金計画は、今後の支払いや人生に大きく影響するため、無理なく返済していけるプランを選択していきましょう。

Check2「物件選び」を明確に!

物件選びで大切なことは、優先順位を明確にすることです。最寄り駅までの距離やお家の広さ、築年数、生活環境、利便性などお客様にとってここだけは絶対に譲れない条件は何かなど事前に3つ以内に優先度を明確にしておくことが重要になってきます。限られた予算内ですべての条件を満たす物件は正直なかなかありません。多くの人が何かしらを妥協し購入されています。これらを明確にしたうえで不動産のプロへ相談すると物件選びもしやすくなります。

①資金計画

まず毎月の返済計画及び不動産を購入する際に諸経費がかかりますのでそちらの把握からとなります。
その他、引越代や場合によってはリフォーム代なども必要になってきます。
不動産を探し始める段階で住宅ローンの事前審査の内定を取得する事で不動産探しもスムーズになっていきます。

②購入相談・情報収集

購入物件の価格、地域、駅からの距離、広さや間取り、環境や利便性・・・ご購入物件の決定に際して、どれも重要な要素となってきます。
しかし、購入物件にはそれぞれ個性があり、長所もあれば短所もあります。限られた予算の中で、お客様にとって事前に譲れない条件は何かなどご要望の優先度を明確にしておくことが重要になってきます。
これらを踏まえたうえで不動産のプロへ相談をしましょう。

③物件見学

物件の状態や周辺の環境を知ることができる現地見学。
気になる物件情報を見つけたら、どんどん物件を見に行かれることをおすすめします。
ある程度物件をご覧になったほうが比較検討が出来て購入時の判断がしやすくなると思います。

④物件のお申込み

気にいった物件がございましたら、売主様へ購入の意思表示を書面(購入申込書)にて提示します。
この購入申込書には、買主様の購入希望条件を記入していただきます。それをもって売主様へ買主様の意思をお伝えいたします。
それと同時に、買主様には事前に住宅ローンの仮審査をおこなっていただきます。住宅ローンの仮審査は、資金計画を明確に立てる上でも重要となるため、なるべく早めに進めておくことをおすすめします。

⑤重要事項説明・不動産売買契約

●重要事項説明

重要事項説明書には、売買の対象となる物件や取引条件にかかわる重要な事項が記載されています。物件については権利や法令上の制限などについて、取引条件については売買代金や契約後に解約する場合の取決めなどについて記載されております。宅地建物取引主任者免許を持つ有資格者がわかりやすくご説明し、最後に署名・捺印をしていただきます。

●不動産売買契約

重要事項の説明を受け、契約条件について買主・売主双方が合意したら、売買契約を締結します。いったん契約を締結すると、簡単に解除することはできませんので、事前に契約内容を十分に確認することが重要です。その後、契約手付金を売主様へお支払いして契約となります。

⑥住宅ローンの本審査・銀行と融資の契約

住宅ローンをご利用される方は、売買契約後速やかに必要な書類等をそろえていただき金融機関に借入の本申込みを行っていただきます。金融機関の選定については、買主様にあった最適な金融機関をご紹介させていただきます。融資の承認が得られましたら、金融機関との間で住宅ローンの融資のご契約を結んでいただき、詳細な借り入れ条件などを決めていただきます。

⑦残代金の支払い・物件の引渡し

決済日当日は、買主様の住宅ローンを実行する金融機関に、売主様・仲介業者・司法書士が集まり、売買代金から手付金を引いた残代金および固定資産税等の清算金を売主様にお支払いいただきます。その他、各種諸経費のお支払いや所有者移転を行う申請書への手続き等を行います。そして最後に、売主様から買主様へ鍵の受け渡しや関係書類などを引き継いで取り引きが完了となります。

⑧ご新居への入居準備

残代金等の支払いが完了し鍵を受け取りましたら、いよいよお引越しに着手することができます。中古住宅を購入された方はリフォーム工事に着手することができます。引越し前後に、電気・ガス・水道・電話・プロバイダの移転手続きをはじめ、役所・学校などへの届け出、金融機関・保険会社などへの住所変更届などなど、数多くの手続きを行う必要があります。事前に弊社からご案内させていただきますので、ご安心ください。

⑨確定申告のお手続き

住宅ローンをご利用されご自宅を購入した場合、所得税が還付される「住宅ローン控除」を受けられる場合があります。住宅ローン控除を受けるには入居された翌年に確定申告を行っていただく必要があります。弊社では、住宅ローン控除に伴うお手続きのご案内を確定申告前にお知らせしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。